整備コラム

最新記事一覧

サーモスタット
サーモスタットは温度変化によって開閉する仕組みのバルブ式構造が多く、エンジンにとって理想的な温度を調整してくれる部品の1つです。 温まっていない時は、エンジン内の水路を閉じて早く温まる様にします。温ま…
ウォーターポンプ
ウォーターポンプとは水冷エンジンの冷却水を循環させる為のポンプの事で、ラジエーターとエンジンを繋ぐ冷却水移送パイプの間に設置されています。 ウォーターポンプが故障していると、エンジン付近から異音がする…
ラジエーターキャップ
ラジエーターキャップは、ラジエーターや冷却径路の圧力をコントロールしています。 一定の圧力までは弁を閉じて圧力を高め、沸点を上昇させます。一定の圧力になると弁を開いて冷却水を逃がし、ラジエーター本体や…
リザーブタンク
リザーブタンクはサブタンクやサージタンクとも呼ばれ、ラジエーターとホースでつながっていて、冷却液をラジエーターへ補充したり、ラジエーターから受け取ったりしています。 トラックでは外に取り付けてあり、冷…
グリル
キャブ前面の格子状の部分をグリルと言います。 グリルの穴がエンジンルームへの入り口になりますが、ラジエーターやインタークーラーへの影響を考えて、大きさや風を取り入れる向き等の工夫がされています。 トラ…
ラジエーター
ラジエーターの冷却液がエンジン等で発生した熱を奪い、その熱を外に放出させてオーバーヒートを防いでいます。 ラジエーターが効果的に働くためには、エンジンルームへ効率的に風を取り入れて外に出す工夫が必要で…
プライミングポンプ(エンジン始動後)
燃料系統のエアー抜きが終了したら、アクセルペダルは踏まずにスターターを回してエンジンを始動させます。 始動後はアイドリング回転を5秒間保持し、アイドリングコントロールノブをゆっくり右にいっぱいまで回し…
プライミングポンプ(エンジン始動前)
ディーゼルエンジンは燃料切れやフューエルフィルターを交換した場合には、燃料系統に空気が入る為エンジンを始動させるためにはエアー抜きが必要です。 ①プラグの下に燃料の受け皿を準備してプラグを緩めます。 …
強化ガラス②
車のサイド・リヤガラスに採用されている強化ガラスは普通のハンマー等では簡単には割れません。 しかし、表面の圧縮応力層と内部の引っ張り応力層のバランスが崩れると一瞬にして粉々に崩れる為、水没や事故等の脱…
強化ガラス①
強化ガラスは、車のサイド・リアウィンドウに使用されています。 強度は通常のガラスの3~5倍あり強いですが、一点に衝撃を与えれば容易に割れる様になっている為、車内に閉じ込められた際にはサイドかリアガラス…