高床倉庫と低床倉庫の違いは何ですか。

高床倉庫とは文字の通り床面が高く作られている倉庫のことで

そのほとんどがプラットホーム型になっておりホームにトラック後部を接車し

貨物の積卸しを行う。また、倉庫は側壁のないタイプからシェルター式まで

取扱貨物や倉庫機能など用途に合わせ建設される。貨物は雑貨や食品が多く、

手作業やキャスター、台車、ハンドリフトなどで荷捌きを行う。小型・中型・大型

それぞれ荷台の高さが違うためホームの高さも車種に合わせ建設されることが多いが、

多種多様に対応出来る様ドックレベラーやフリッパーボードなどマテハン機器の導入を

される倉庫もある。

低床倉庫は一般的な平屋の倉庫のこと。高床の反対で低床と言うことがある。

 

― 戻る ―