ありがた迷惑?

お疲れ様です。業務の安方です。

長くなるのですが、

つい先日、道端でうつ伏せで倒れているおじいさんに遭遇しました。

すぐに駆け寄って、話せる状態だったので症状を聞いたら

足がもともと悪く、症状が悪化して体が動かなくなり、歩けなくなったとの事。

家はすぐそこで、暫くしたら動けるから放置しといてくれ、

的な事を言われました。

流石に放置はできないので、色々模索した結果、

家にいるおばあさんに電話して車椅子をもって

迎えに来てもらう事になりました。

僕はおばあさんに電話しておばあさんが来るまでの間、

おじいさんの横に座って一緒に待ってました。

無事におばあさんが迎えに来て、おじいさんは車いすに乗り、

帰っていきました。

今日まで、僕はいい事をしたなと思っていたのですが、

今日ラジオで、結構似たようなケースに遭遇した人がおり、

話しを聞いていたら、

助けられた側の方たちは結構

「ありがた迷惑」に思っている可能性が高いらしいです。

おじいさんたちは、大ごとにして欲しくないらしく、

暫くゆっくりしたら家も近いし、帰れると思っているみたいです。

それを聞いてもしかして僕も「ありがた迷惑」だったのか?

と考えさせられました。

人助けもなかなか難しいものですね。

― 戻る ―