薬局と郵便局が!

お疲れ様です、営業の太田です!

気になる記事を見つけました!

4月1日、スギ薬局と日本郵便は「ゆうパック」と「ゆうパケット」を使った処方薬配送の実証実験を始めました。

新型コロナウイルス感染拡大が続く中、非接触で処方薬を受け取りたい患者のニーズに応えることが目的です。

実証実験は「スギ薬局 名駅北」など名古屋市内の3店舗で始め、このほか、名古屋市、大府市、豊田市など愛知県内の9店舗でも順次始めるようです。期間は9月末までを予定していますが、延長する可能性もあるとの事。

すでに服薬指導を受けた処方薬が対象で、スギ薬局の店舗で用意した医薬品をゆうパックなどで患者の自宅まで届けるそう。

また、専用回収キットを使った「残薬回収サービス」についても試行し、希望する患者に回収キットを渡し、自宅にある残薬を回収、スギ薬局の店舗で管理。回収対象は、スギ薬局で調剤した医薬品に限るようです。

処方箋など専門性が問われる分野での配送業務の委託は難しいと思っていましたが、ついに郵便局が着手しました!

私的には、先を越された!と少し悔しい気持ちです。

地方の薬局にも、問い合わせしてみます!!

― 戻る ―