怒りの投稿

お疲れさまです。業務の宮村です。

先日、とんでもない経験をしました。

コロナ禍の中、UberEats・出前館などの宅配サービスの

需要が増え、私が住んでいる小倉北区も登録飲食店が増え充実して来ました。

私達夫婦もこの1年間よく利用するようになり生活様式が変わったと

実感しています。

先週の日曜日の夕方、晩御飯は宅配サービスを利用しようということになり

最近、小倉北区でもサービスが始まったフードパンダを始めて利用しました。

今から、は時系列で説明します。

2/14

18:45 注文完了 スマホに表示された配達予定時間 19:15

19:15 予定時間になったがまだ来ないのでスマホを確認

     配達予定時間19:40~50!? あれっさっき見間違えたのかな?

     あと30分・・・酒のつまみが無いまま我慢できず飲み始める。

19:50 まだ来ない・・・スマホを確認

     配達予定時間 20:20~30!!!

     キーーーーーーーどうなってやがる!!

     酒も飲んでるし今から買い物に行く選択肢はない

     良し!!わかった!!最後のチャンスだフードパンダ

     20:30まで待とうじゃないか!!

     夫婦でひたすら酒だけがすすむ・・・

20:30  来ない・・・

     放心状態の私の傍らで妻がキャンセルの手続きを始める

     クレーム受付の電話番号は無い。手続きはチャットを通して始まった。

チャットの文面

 大変お待たせして申し訳ございません。ただいま一部区域に

 注文が殺到し遅延が生じてます。

 キャンセルしますか?

 料金は全額返金し次回ご利用時に300円のクーポンを付けます。

(そのような文面だったと記憶してます)

一体この文面に対して私達はどう返事すればいいのか解らず

怒りで震える指はあとキャンセルの一文字を押すだけ

だが、しかし!!さっきは最後のチャンスと言ったが私も鬼ではない!!

お腹がグーグー鳴る中、かすかな希望を夢見て最後に配達予定時間を確認

配達予定時間 21:30 

ハイ、終了~~~。試合終了の合図が家中に響き渡る。

その後、再度注文画面に戻り配達予定時間を確認すると

いまだに注文から30分となっていました。

それから冷蔵庫に残っていた僅かな食糧で自炊し

鳴き続けたお腹を慰めてあげました。

フードパンダ・・・食べ物の恨みは怖いという日本のことわざを

思い知らせてやるかな~。

      

      

  

― 戻る ―