一生懸命・一所懸命

お疲れ様です。業務の宮村です。

語源が好きなんです  はい。

現在では「一生懸命」と書かれることが多くありますが

もともとは「一所懸命」でありました。

意味は鎌倉時代に幕府が全国に御家人を置き、所領を与えた頃に遡ります。

御家人はその土地を大切に守りつつ、幕府に忠誠を誓いました。

自分の土地はしっかりと耕し、命を懸けても守り抜くというのが語源と

なっています。

増税前の駆け込み需要で9月後半はてんやわんやになりました。

10月からも人事の移動等でてんやわんや状態が続きそうです。

宮村貴文、「一所懸命」を胸に乗り越えてみせます!!

― 戻る ―