熱中症

お疲れ様です。業務の木下です。

日に日に暑さが増してきていますが、皆さんいかがお過ごしですか?

今からの季節、暑くなると、「熱中症」が心配されます。

熱中症とは、気温が高いなどの環境下で、体温調整の機能がうまく

働かず、体内に熱がこもってしまう事で起こります。

小さな子供や高齢者、病気の方は特に熱中症になりやすく、

重症になると死に至る恐れもあります。

熱中症が疑われる人を見かけた時は、下記の事を実行して下さい。

・すぐに風通しの良い日陰やクーラーなどが効いている室内などへ

 移す

・衣類をゆるめたり、体に水をかけたり、濡れタオルを当てて扇いだり

 して体を冷やす。

・冷たい水を与え、スポーツドリンクや塩あめなど塩分も補給する。

・自分の力で水分補給が出来ない場合や、意識障害が見られる場合は、

 症状が重くなっている為、すぐに病院に搬送する。

熱中症を予防する為には、暑さを避け、服装を工夫し水分補給をこまめに行う

事が大切です。また、運動など行い、汗をかく習慣を身に付ける事も必要

です。

これからの季節、「熱中症」にならないように気を付け、安全作業を

心がけましょう。

 

 

 

 

 

― 戻る ―