営業コラム「トラックは前」「バスは後ろ」何故エンジン搭載位置が異なるのか?

みなさん、こんにちわ!

さて今回のお題ですが、エンジン位置場所についてのお話。。。

海外ではトラックとシャーシを共通とするFRのバスを見かけることもあるが、

こと日本においてトラックはFR、バスはRRのレイアウトとしている事が多いですよね?

 

もちろん、マイクロバスに関してはFRレイアウトがスタンダードで、RRが主流であるのは比較的

大型バスにおけるはなしではあることはもちろん。

 

バスにRRが向いており、トラックにFRがむいているというのは、物理的に考えれば単純。

もしもトラックがRRだったら荷物が積みづらいし、積載量も減ってしまうと言うことは理解できるだろう。

 

ちなみに、バスやトラックがリアドライブであるのは、多くの人や荷物を積んで坂道を上るときに前輪駆動では

トラクションの確保が難しいと言う点。

 

実はこの点については技術の進歩によりずいぶんと改善されている。

つまりバスの理想的なパッケージがRRだとすると、荷物スペースを優先するトラックについては、

FFが理想的なパッケージになっていくはず。

しかし、荷物が積みやすく、また作業的にも優れるラゲッジの低床化を進めるにはFFシャーシが有利なのもまた事実。

宅配便などラストワンマイルの物流を支える車は有利なFFが進んで行くことが予想される時代が来るかもしれませんね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

― 戻る ―