営業コラム「JR貨物、10月に10%値上げ!?]

皆様お疲れ様です!

さて、4月に入り路線便の価格高騰で企業様も困っている中、

表題にもありますように、JR貨物もついに値上げに踏み切ったとの記事がありました。

 

JR貨物も今年10月より基本運賃をついに10%値上げすると発表がありました。

値上げは1987年の国鉄分割・民営化で同社が発足して初めてのことらしく、

 

業界では輸送関係と同じく人手不足が続くそうで、人件費や車両などへの設備投資に資金を確保するそうです。

 

コンテナで1300㎞の距離を運ぶ場合、1トン当り1万2818円から1万4100円に上がるそう。

実際の運賃は輸送条件に応じて割引や割り増しがあるそうで、個別の交渉となる模様。

 

直近で基本運賃値上げしたのは85年。ただこの時は特殊な車両を使う石油などの輸送だけが対象だったらしい。

 

トラック運転手の不足や、排ガスによる環境負荷負担の低減を求める流れから鉄道貨物のニーズが高まっており、

JR貨物は投資拡大で対応能力を向上させる模様。

 

物流業界では、人手不足による人件費高騰で宅配便各社を中心に値上げが広がている今、

未来の物流はどうなっていくのか想像をしてみるだけでゾッとするのは私だけだろうか。

日本の物流よ何処へ行く。。。!?

― 戻る ―