オイルの粘度

オイルの粘度は、「0W-20」「10W-40」等と表示されていますが、「W」の数字が小さくなるにつれて、低温時に固まりにくい性質も持っています。

エンジン始動時には「W」の数字が小さいほど、負荷が少なく燃費が良くなります。0Wは-35℃、5Wは-30℃、10Wは-25℃、まで使用可能となっています。

また、Wの後の数字は高温時における粘度を表しており、数字が大きくなるほどオイルが固くなります。

― 戻る ―