ヒーターコア

寒い日に車内を温めてくれる暖房は、無くてはならない機能です。暖かい風の熱源はエンジンの冷却水で、ヒーターコアという部品を循環しているからです。

しかし100℃もある液体がダイレクトにヒーターコアへ流れると、車内温度はかなり上昇してしまう為、ウォーターバルブが作動して冷却水の流量を調整してくれています。

もしヒーターが効かない車輌はヒーターコアの詰まり等、色々な原因が考えられますので、点検してもらいましょう!

― 戻る ―