バッテリー

バッテリーは寒さに弱い為、気温が低くなると内部での働きが弱まり、性能が低下します。

また冬場は日照時間が短い為、ライト点灯時間が長かったり、暖房使用等でバッテリーが上がり易くなります。

対策としては定期的に車に乗り、出来れば10分以上走行するか、バッテリーの点検を定期的に行いましょう。

長期間、車を使用しない時には、バッテリーのマイナス端子を外しておくと、放電を最小限に抑える事が出来ます。

― 戻る ―