バルブ交換の際、ガラス部を手で触ると、何故玉切れをするのか?

 ヘッドライト等のバルブ交換の際は、バルブのガラス部を手で触れないように

しましょう。

ガラス部が汚れると球切れの原因になります。

 何故でしょう・・・

ハロゲンバルブは、石英ガラスを使用しています。

ガラス面は高温になるので、皮膚の脂肪分等が付着すると焼き付いてしまいます。

透明だった部分から外部に熱が逃げなくなり、その部分は更に高温になります。

石英ガラスは、900℃以上になると石英の結晶化が進み、ガラス管が白濁します。

こうなると、バルブ全体が高温になります。

ハロゲンランプのガラスと金具をつなぐシール部(密閉部)には、モリブデン箔が

用いられてます。

モリブデンは350℃程度の高温になると酸化が始まり、体積が膨張します。

膨張に耐えられなくなるとシールが破壊され、不活性ガスやハロゲンガスが

失われます。

そのためハロゲンサイクルが出来なくなり、また非常な高温にさらされて

フィラメントの寿命が尽きます。

よって、フィラメントが切れ、玉切れになる。ということです。

― 戻る ―