燃料フィルター水抜き

 燃料フィルターは、燃料の中のゴミや、水分などを取り除く役割をしています。

燃料フィルタ水抜きのランプが点灯すると、

まず、プレフューエルフィルター下部のドレンプラグを緩め、ハンドポンプを

上下に10~20回ポンピングさせます。

(この際、ハンドポンプのエア抜きプラグは緩めてないけません)

すると、ドレンプラグより水と若干の燃料が出てきます。

次に、ドレンプラグを確実に締め付け、再びハンドポンプを

数回ポンピングします。

最後に、ドレンプラグより燃料漏れが無い事、

燃料フィルタ水抜き警告灯が消えていることを確認して終わりです。

(水抜きをした直後のエンジンの始動は、多少時間が掛かります。)

― 戻る ―