エンジンオイル増加(DPD車輌)

 DPDは、DPDフィルター内にPM(粒子状物質)が一定量蓄積すると

自動的に、再生(PMの燃焼)を行います。

この再生(燃焼)を行うために、エンジン燃焼室での爆発後に燃料噴射を行い、

微量の燃料をフィルターに吹き付けています。

このため、エンジンオイルの中へ燃料が混ざり、エンジンオイルが

注入時よりも増える場合があります。

なので、エンジンオイルが増えるのは、故障ではありません。

― 戻る ―