営業コラム「安定した売上を上げる市場の見つけ方Vol,2」

みなさんこんにちは。

今回は前回のお話の続きです・・・

『業界から見た非常識な欲求に対応する』

 

「顧客や市場はいつもわがままである」

と考えるのは実は間違いなのです。

 

顧客や市場の常識が、私たちの会社や業界の常識と違うだけなのです。

 

なので、

どちらがより正しいか?

と言う話ではありません。

 

私たちが

非常識や不合理だと感じているお客様からの欲求を

ビジネスに変換できると言う話をお伝えしたいのです。

 

そして、そのビジネスは、

業界にとって非常識なので、

私たちは新たな市場を作り出したことになるのです。

 

つまり

競合がいないので

常に一人勝ちができます。

 

そうなると、本当にそんなことができるのか?

 

と思われているでしょう。

 

ですが実際に

それで大きく売上を伸ばしている企業も実は多くあります。

 

例えば・・・

業界は違いますが、

「俺のフレンチ」です♫

 

「俺のフレンチ」

では、お客さまからの、

「低価格で一流シェフの作るフレンチが食べたい」

という非常識な欲求に応えています。

 

しかし、

「俺のフレンチは」は

お客に高級フレンチを

立って食べてもらうことで、

家賃を安くしたり

店の回転率を上げて

その欲求に対応したのです。

 

今では、

「いきなりステーキ」

などの追随店も出てきていますよね!

 

それだけ、

「俺のフレンチ」が

飲食業界に改革を起こしたんです。

 

このようにお客の業界にとって

「非常識」な欲求を

見つけることができれば

 

私たちは、その市場を独占できるかもしれません・・・

そうすることで、

安定した売上と

その業界での圧倒的な

地位を手にすることができるのではないでしょうか?

 

・物流業界・・・

・運送費の高騰・・・

・人材不足・・・

 

物流業界では上記のように様々な問題が課題になっています。

 

我々の業界も「非常識な欲求」に応えていかなくては

生き残る道も少なくなってきてしまわないかと最近、ちょっと不安に思います。

 

今こそ、少し頭をひねって非常識な欲求に応えれるアイディアを作り出すイイきっかけになるのではないでしょうか!?

 

 

 

― 戻る ―