車の豆知識㊱

お疲れ様です。 業務の河野です。

今回はハイドロプレーニング現象について!

通常ハイドロプレーニング現象は路面上に溜まった水の上に車両が浮いた状態になり、ブレーキやハンドル操作が出来なくなる事です。

平のトラックの場合は足回りが固く、空荷の場合は乗用車に比べるとそのリスクが高くなります。通常80㎞/hくらいで起こるところをトラックだと60km/hでも起こることがあります。

雨の日の仕事帰りなどは特に注意しましょう。

― 戻る ―