車の豆知識⑯

皆様、お疲れ様です。

業務の松岡です。

今回は、車に装着されています、ベルトの役割・故障についてお話しをします。

ベルトには、ファンベルト、パワステベルト、エアコンベルトがあり、

エンジンからの動力を発電機、パワステポンプ、エアコンコンプレッサー

などを動かしています。

各ベルトの緩みによって故障があります、バッテリーの充電不足、ハンドルが

重たくなる、エアコンが効かない、オーバーヒートの原因になります。

走行時やエアコンを入れたときベルトが鳴きだしたら即、修理をお勧めします。

 

― 戻る ―

車の豆知識⑮

皆様、お疲れ様です。

業務の松岡です。いつもお暑い仲、お疲れ様です。

今回は、乗用車のドライブシャフトブーツについて、ハンドルを

動かし車を思うままの方向に走らせるのに、エンジンから伝わってきた

動力をタイヤに伝える重要なゴム製の部品です。

このブーツの中には、潤滑用にグリースが封入されており、このブーツが

破れたらグリースが飛び散りジョイント部分から異音が出たり、焼き付きなどを

起こしますので、早急に交換する事を、お勧めします。

― 戻る ―

車の豆知識⑭

皆様、お疲れさまです。 

業務の松岡です、お暑い日々が続いています。水分補給を

お願いします。今回、クラッチの事で少しお話を、させて頂きます。

オートマ車は別にして、マニュアル車はギヤをチェンジする時、みなさんも

ご存知のとおり、クラッチを踏んでギヤを換えます、その時にクラッチペダルが

半分ぐらい上げた時に通常はギヤは繋がりますが、ペダルが半分以上でやっと

繋がっている状態の場合は、クラッチディスクがかなり減っていると考えられます

ので、業務の方にご連絡をください。

 

― 戻る ―

車の豆知識⑩

皆様お疲れ様です。 業務の松岡です。

お暑い日々の毎日、皆様、お疲れ様です。

今回は、ダイナモ故障のお話です。日頃、普通にエンジンを

掛けていると思います。ダイナモが故障をすると、バッテリーを

充電しなくなり、バッテリー上がりでエンジンが掛からなくなります。

こんな時、バッテリーを取替えて終わる方がほとんどです。

バッテリーを変える時は、ダイナモが充電を、しているか、

していないかを点検してもらうのが確実です。ダイナモが、故障した

ままで、バッテリーを変えても又すぐに、バッテリーが上がりエンジンが

掛からなくなりますから、ご注意下さい。

 

― 戻る ―

車のマメ知識⑦

お疲れ様です。業務の松岡です。

今回は、車のブレーキについて、皆さん経験があると思います

けど、ブレーキを踏んだ時に、キィーとゆう音を聴いたことが、

あると思います、これはブレーキパットが減っている証拠です。

すぐに、修理工場で点検をすることをお勧めします。

― 戻る ―

車のマメ知識⑥

お疲れ様です。業務の松岡です。

お暑い仲、皆様、お疲れ様です。熱中症対策で水分補給を

してくださいね。

今回は、車のベルトついて、エンジンを掛けた時に、ギュウー又は、

キュルキュルと音が出たら、確実にベルトが、伸びていると思って

下さい。この場合、ベルトの交換をお勧めします。

 

― 戻る ―

車のマメ知識⑤

お疲れ様です。 業務の松岡です。

いよいよ梅雨に、入りました。車のタイヤの溝が無い場合、

スリップ事故を、起こしやすくなりますのでご注意下さい。

トラックで説明をすると2t~3tは、2.4mm以上、4t

以上は、3.2mm以上と思って下さい。

 

 

 

 

 

 

― 戻る ―

車のマメ知識④

お疲れ様です、業務の松岡です。

もう、夏がやってきます。車のタイヤのエアーを真夏に入れすぎると、

道路の熱でタイヤが膨張し、バーストすることが、ありますので、

規程のエアーを入れるように、お勧めします。

 

 

― 戻る ―

市政だより

お疲れ様です、業務の松岡です。

先週のことですが、初めて、市政だよりの立会い検品を

しました。検品をしていて誤差が出て焦ってしまいました。

こんなときほど、気持ちを落ち着かせて再度、探すと出てくる

ものなんですね、改めて、焦りは禁物と思いました。

 

 

― 戻る ―

トラック協会のセミナー

お疲れ様です、業務の松岡です。

今月、5月23日に開催 されました。福岡県トラック協会セミナーに

参加いたしました。テーマは、働き方改革現実に向けたアクションプラン

等周知セミナー、ドライブレコーダー映像を活用した交通事故防止講習会

でした。とても参考になり、勉強になりました。まだまだ分からない

事がたくさんあるのでセミナーには、進んで参加し、もっと勉強をさせて

頂きたいと思います。                  

 

 

 

― 戻る ―