【ZOOMミーティング】その②

営業の畠中です。

ここ最近、プライベートですがZOOMミーティングが増えてきました。

 

週末も全国各地の13名のメンバーとミーティングを実施しました。

仕事も年齢も様々なメンバーでしたが、やはりコロナの影響は大きく

いろんな形が変わっていっています。

 

コロナ禍という事実は全員同じ。

ですが、状況の【捉え方】は無限にあると改めて痛感しました。

参加者全員が前向きなメンバーだった事もり、近況報告の中でも

現状の環境に適応し、固定概念を一旦置いて、新しい考え方で

色んな事にチャレンジしている話を聞くと元気をもらえました。

 

この状況から早く抜け出せることを祈りつつ、

この状況だからこそ新しい事にチャレンジできることを

引き続き探していきたいと思います。

― 戻る ―

 保有車両台数(令和2年8月末日現在)

― 戻る ―

成功の反対は?

営業の畠中です。

先月、【成功の反対は?】という話を別々の方と話す機会がありました。

一般論としては【失敗】かと思います。

ただ、今回の議論の中では【何もしないこと】という答えになりました。

 

成功を目指すためには、挑戦することが必要不可欠。

挑戦すらしないのであれば、成功する事もなく、

失敗から経験という財産を得る事もないのです。

【何もしないこと】では何も得られないですもんね。

 

最近、いろんな新しい企画や案をBOSSと話しています。

【先ずは動いてみましょう!そうしないと分かんないですから】

ほぼ、この答えが返ってきます。

行動できる、挑戦させてもらえる、BOSSのJUDGEに改めて感謝です。

― 戻る ―

習慣

営業の畠中です。

 

【思いの種をまいて、行動を刈り取り、

行動の種をまいて、習慣を刈り取る、

習慣の種をまいて、人格を刈り取る、

人格の種をまいて、人生を刈り取る】

その他にも、ニュアンスの近い名言はいくつかあります。

 

ここ数ヶ月、良いと思った行動の習慣へ向けてチャレンジしてきましたが

なかなか続かないものです。。。

 

ただ、唯一、5ヶ月続いている習慣があります。

それは、≪その日あった、良い事、幸せを感じた事をメモに残す≫ことです。

 

実は、5ヶ月前のスタートを決めたのは親父の命日。

惰性で過ごすことなく、充実した日を過ごし、感謝の気持ちをわすれるな。

と、親父からのアドバイスだったのかもしれません。

 

― 戻る ―

 2021年度新卒採用スタート

― 戻る ―

【今月の1冊】夢をかなえるゾウ/水野敬也

営業の畠中です。

とあるコンサルティング会社より、本に関するアンケートが届きました。

 

気が付いたときは返答期限を過ぎていて協力できませんでしたが、後日、結果の共有を頂きました。

その中に【夢をかなえるゾウ】があり、同書は「読み返したい1冊」にランクイン。

数年前に勧められて読了しましたが、同書のお陰で、今でも継続できている習慣化できたものもあります。

 

ガネーシャの名(明・迷?)言

「ええか、自分が会社行くときも、営業で外回りする時も、靴はずっと気張って支えてくれとんのや。

そういう自分支えてくれてるもん大事に出来ん奴が成功するか、アホ!」

 

私の書棚にも①~③まで並んでおりますが、先月④も発売され、Amazonで注文。

お盆休みの時間で、じっくり読みたいと思っています。

― 戻る ―

Trello・miro

営業の畠中です。

 

昨日、帰宅後、オンライン勉強会に参加しました。

その中で、オンラインツールの話題になり

≪Trello(トレロ)・miro(ミロ)≫

なるものに触れました。

 

ご説明できるほどの知識も深まっていませんが、

勉強会に参加すると、このような新しい発見が沢山あります。

 

同勉強会では、Trelloを活用していくようなので

仕事に活かせるように習得していきたいと思います。 

 

― 戻る ―

【今月の1冊】会社再建/高杉良

営業の畠中です

今月は【会社再建】を紹介したいと思います。

 

瀕死の状態だったSSKこと佐世保重工業の見事に復活させた、来島どっくの社長(当時)だった坪内氏の実話小説です。

現在は来島グループからも離れてしまったSSKですが、軌道に乗るまでの流れは凄まじくリアルに表現されています。

 

親会社の変更や企業合併。

私も経験がありますが色んなドラマが生まれます。

読みながら当時を思い出し少しノスタルジーになりました。

 

 

 

― 戻る ―

オンラインサロン

営業の畠中です

 

先日、初めてオンラインサロンに参加致しました。

参加されている方々の職業も様々、社労士、教師の方から、数多くの書籍を出版されている方や某有名報道番組に携わっていらっしゃった方まで。

ジャンルの異なる方々とのコミュニティだったので新鮮な感性に触れる事ができて大変心地よい時間でした。

 

コロナに悲観的になることが多い中、外出自粛の中で新しい価値に触れることができた事は良かったと思っています。

― 戻る ―

【今月の1冊】ガウディの伝言/外尾悦郎

営業の畠中です

今月は【ガウディの伝言】を紹介したいと思います。

 

旅行好きな方には有名な場所。そうでない方も聞いた事がある場所ではないかと思います。

『サクラダ・ファミリア』1882年に着工されて未だに完成していない教会です。

 

そのサクラダ・ファミリアの主任彫刻家である著書の外尾悦郎氏は福岡出身。

勧められて手にっとた本でしたが考え方等、勉強になりました。

『出会いというのは待っていれば向こうからやって来るものではありません。自分が目標を持ってどこかへ進んで行こうとし、結果的に出会える場所まで行くから出会いになる。お互いの出会いに含まれている意味の大きさが分かり引き合うもの』

この本を紹介して頂いた方との出会いもこんな感じだったかと思っています。

― 戻る ―