梅雨時期の車両メンテナンス④

雨の日の運転中にサイドミラーが水滴で見にくい事は有りませんか?見えにくい状態で運転するのは大変危険です。

そのような時にはドアミラーにコーティング剤などを施工すると、水滴が無くなり見えやすくなります。

撥水性や親水性の色々な商品が販売されていますが、手軽にコーティングしたい方はスプレータイプをお勧めします。

コーティング前には水垢やウロコを除去するのがポイントです。

― 戻る ―

梅雨時期の車輌メンテナンス③

雨が降った時にガラスがギラギラして見にくい事はありませんか?

道路などから飛んできた汚れで発生する油膜が原因です。油膜は専用のクリーナーで除去することが出来ます。

油膜を取った後にガラスをコーティングすれば、さらに視界が良くなり雨の日も安心して運転できます。

― 戻る ―

梅雨時期の車輌メンテナンス②

運転する際に視界を良好に保つことはとても重要です。

雨の日にワイパーの水はけが悪くなったら、ワイパーゴムまたはブレードを交換しましょう。一般的にブレードは2年、ゴムは1年が交換時期とされています。

ワイパーを長持ちさせるコツは、ガラスに接するゴム部分の汚れを拭き取り、ゴムの負担を軽減させることです。

― 戻る ―

梅雨時期の車輌メンテナンス①

福岡県も例年より早く梅雨入りしましたが、皆様の車両は梅雨入りの準備は出来てますか?

今からでも遅くありませんので、安全運行の為のメンテナンスを紹介していこうと思います。

雨の日は普段に比べてタイヤの役割が重要になってきます。タイヤの溝が少ないと、路面の雨水を十分に排出する事が出来ない為、安全走行を保てません。

まだタイヤの点検をされてない方は入念にチェックを行い、残りの溝がスリップサインに近い場合は早目の交換をお勧めします。

― 戻る ―

車線逸脱警報

車線逸脱警報(LDWS)は、走行車線の左右の線をカメラで検知し車線を逸脱しそうになると、左右それぞれのスピーカーからアラームが鳴り、マルチインフォメーションディスプレイの警告表示で、ドライバーに注意喚起します。

― 戻る ―

ドライバー異常時対応システム

ドライバー異常時対応システム(EDSS)は、ドライバーに異常が発生した際にEDSSスイッチを押す事で、車両が自動で制動をかけ停止します。

車外では制動灯とハザードの点滅とホーンにより、周囲へ注意喚起を行います。

EDSSスイッチが押せない状況では、ドライバーステータスモニター(DSM)が異常を検知し、速度を徐々に落として車両を停止させます。

作動時にはあらかじめ設定された宛先に、メール通知でドライバーの異常を知らせる事が出来ます。

― 戻る ―

ブラインドスポットモニター

ブラインドスポットモニター(BSM)とは、キャブの四方からミリ波レーダーを発し、死角の二輪車や歩行者などを検知して、ドライバーへアラームとピラー部の警告灯で知らせてくれる装置です。

対応する自車の走行速度ですが、

〇車線変更時:35~90km/h 〇交差点の右左折時:3~27km/h 〇交差点での出会い頭:0~27km/h 

警告対象者の速度は、

〇車線変更時:25~120km/h 〇交差点の右左折時:5~20km/h 〇交差点での出会い頭:20~60km/h

と、なっています。

 

― 戻る ―

エレメントのサイズ

4月度のエンジンオイル交換対象車両ですが、大型車から軽車両まで、北九州本社21台、福岡本社14台、無事に終了しました。

一部の軽車両で気が付いたのですが、エレメントの長さが短い車両が増えてきてますね!コスト削減の為でしょうか?

エレメントが薄くなった分、路面とのクリアランスは広くなり良いのですが・・・オイル交換中の素朴な疑問でした。

― 戻る ―

ディーゼルエンジン用オイル

ディーゼルエンジンはガソリンエンジンと比べた場合、燃焼時に酸化化合物の発生が多く、ディーゼルエンジン用のオイルには、酸性の物質を中和させるアルカリ性物質の洗浄分散材が、ガソリン用より多く含まれています。

次に、ディーゼルエンジンは圧縮比が高いので、粘度の低いオイルでは圧縮漏れの可能性がある為、一般的に15W-40や10W-30が使用されています。

― 戻る ―

エンジンオイル エレメント

エンジンオイルエレメントは、オイル内の金属片などをろ過する役目をしています。交換を怠ると正常な役割をしなくなり、エンジン内部を傷めてしまう可能性があります。

定期的に交換する事により、フィルターとしての役目を果たしてくれます。オイル交換の2回に1回は交換すると良いでしょう。

エレメントの種類により多少の違いがありますが、締め付けトルクは10~14N・mと言われています。トルクレンチが無い場合は、エレメントを閉めてパッキンが接地してから「3/4回転」締め付けます。

― 戻る ―