一日8時間労働

「1日8時間労働」これを世界で初めて実行したのは、ナチス政権下のドイツであると言われています。それまでは事業者が時間無制限で使っていたという実態があります。

これは導入当時非常に批判が多かったと言われています。

しかしいざ実行してみると、生産効率が向上したという事実があります。

また敗戦濃厚の中「アルベルト・シュペアー軍需大臣」の時は過去最大の生産数を実現したと言われています。

ナチスを信奉しているわけではありませんが、一つの側面だけを見て全てを否定するのでは無く

良い所は見習う姿勢が大事なのだと思います。

― 戻る ―