輸送方法

こんにちは、業務のサカガミです。今回は「添乗指導者講習会」での講義の一つ「輸送方法」

についてです。

日本の輸送は90%を「トラック輸送」が支えていると言われています。

日本ではトラックは日常生活を支える重要なファクターとなっています。

しかし輸送には様々な方法があります。それは「鉄道」「飛行機」「船舶」がそれです。

トラック輸送で対応しているものを「鉄道」「飛行機」「船舶」などに輸送方法を変えるのを

「モータルシフト」といいます。

これはCO2排出削減を定めた「京都議定書」発効後本格的になっていきました。

トラック事業を運営している会社に勤めている以上、環境問題は避けては通れない問題です。

「アイドリングストップ」「エコ運転」など業界として様々な取組を継続していますし、

今後とも様々な新しい取組みを行っていくと思います。

「ヤマックス」も会社の成長と共に、他の輸送方法などをお客様に提案して、環境問題と事業の持続的な発展を両立出来るよう心掛けていきたいと思います。

 

― 戻る ―